ママと子供を幸せにする栄養学

こんな様子を子供のあたりまえの成長過程の一部と見過ごしていませんか?

なんとなく元気がない
忘れ物が多い
風邪を引きやすい
気分の不調がある

食欲がない
朝起きられない
集中力がない
お腹をこわしやすい
学校に行けない

学力、身長、やる気、体力、心の安定…栄養と関係ない?
例えば、女の子が中学に入って数学の成績が急に落ちた、という話をよく聞きませんか? 女子は初潮を迎えると鉄の消費が男子の2倍になると言われています。貧血になると酸素を全身に運べなくなり、当然脳も酸素不足になり記憶力の低下にも繋がるんです。
私も女の子を育てましたが、あの時貧血のサポートをしてあげていれば良かったと、今になって後悔しています。

現在の日本は飽食の時代ですが、実は偏食や間違った食習慣により、隠れ栄養不足の子供達がとても多く、体力や抵抗力の低下、メンタル面の不調、学力不振、アレルギーなどのネガティブな要素は、日々の食事やおやつのとり方と大きな関連があると言われているのです。

今が元気だから大丈夫?
今は元気でも、低栄養による貧血や低血糖に気づかずに過ごすとだんだんと自律神経が乱れ甲状腺機能を低下させてしまいます。大人と違い、体もとりまく環境も目まぐるしいスピードで変わる子供たち、今の食習慣が3年後、5年後、10年後の子供の在り方を大きく変えます。

ママも栄養不足かも?
忙しくてつい自分の事を後回しにしてしまうママも貧血や低血糖になっていることが非常に多いです。毎日の食卓に並ぶ物はママの体調を反映していますよね。
子供の成長に必要な栄養について正しい知識を学び、出来る事から少しずつ始めるとママの体調も次第に良くなっていくことでしょう。

2回のミニ講座でお話します。

Part1: 7つの危険な食習慣(血糖値について、ママと子供の栄養状態チェック、など)

Part2: 7つの魔法の食習慣(自律神経について、どんな食事やおやつが良い? など)
(2回のご参加をおすすめしますが、どちらか一回のお申込みでもOKです)

お申し込みは、スケジュール下の申込フォームからお願いします。
(この講座は小冊子の配布がありますので、ご住所を必ずご記入ください。PDF資料の配布はありません)

スケジュールに戻る

参加者様からの感想

(H.Kさまより)
母と子の食生活の②を受講しました。
①も勉強になりましたが、今回はどんな食材と調理法で必要な栄養素を取っていくかをより深く、分かりやすく学ぶことができました。家族一同元気に過ごすために、今までの食生活にこの知識をプラスして楽しみながら少しずつトライしてみたいと思いました。