もっと早く買えば良かった、低温調理機

みなさま、こんにちは。

低温調理機を買いました。

お肉や魚に魔法がかかります。お鍋やオーブンで加熱した料理とは同じ素材を使ったとは思えないぐらいの違いです。

使い方は簡単。

①深めの容器に水をはり、低温調理機をセット。温度と時間を設定して、設定温度になるまで待つ。

②下味をつけたお肉や魚をジップロックに入れて、空気を抜いてチャックをして、容器に入れて調理スタート。

あとは時間任せです。

失敗なくできます。
オリーブオイルとハーブ、ニンニク、塩を入れて加熱。身が崩れずに柔らかく仕上がりました。
味付けは塩のみ。しっとりと脂の乗ったサーモンはサラダにぴったり。
豚バラの脂を白い雲に見立てたネーミングですね。脂が多いバラ肉はちょっと時間がかかりますが、絶品です。
パサつきがちな脂の少ないヒレ肉も低温調理ならしーっとり柔らかく仕上がります。
煮豚も下味ごと調理します。
定番のサラダチキンは、鳥の胸肉で。ジューシーで全然パサつかない。たくさん作って常備してます。
皮が剥がれやすい青魚の煮物も上手に出来ます。

低温調理のメリット

* リノール酸が200度前後に加熱されると急激に増える細胞毒性物質(アルデヒド)の発生や、糖とタンパク質が結び付くと増えて老化や炎症の原因となるAGE(終末糖化産物)の発生、など高温調理のリスクを回避することができる。

* 真空状態で加熱するので、調理中の酸化が防げ、保存性も上がる。

* たんぱく質の熱変性が起こる温度を利用して加熱温度、時間を調整するので肉や魚が硬くならない。

* 焼く、煮るよりも、栄養素が素材から流れるのを抑えることができる。

* とにかくなんでも美味しく、誰でも失敗なく作れる。

どんな機種を買う?

日本でダントツに有名なのが、BONIQとANOVAです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

低温調理器 Anova Nano アノーバ ナノ【Bluetooth】750W
価格:19350円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)


どちらも日本に代理店がありサポートもしっかりしているので、おすすめです。

ですが、私が買ったのはこれ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

富士商 FUJISHO F9575 低温調理器 Felio Sousvide cooking[F9575]
価格:9430円(税込、送料無料) (2020/7/25時点)


金額に惹かれてしまいましたー 一応、日本に販売店があるので商品のアフターケアはちゃんとしてくれます。今のところ問題なく使えてます。

低温調理機、おすすめですので、良かったらお試しくださいね!

関連記事

  1. 忙しくてもちゃんとご飯が作れる道具

  2. ロイテリ菌の自家製COYO

  3. 今年買って良かったキッチン道具BEST3

  4. タンパク質はやっぱり大事

  5. グルテンフリーパスタはこれ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。