低いほうが良い? LDLコレステロール

こんにちは。

分子栄養学を学び始めて、自分が常識と思っていた色々な事が覆されましたが、コレステロールもその一つです。

コレステロール自体、体に有害だから低い方がいい、まして、LDLなんて悪玉だから低ければ低い方が健康的!という理解で生きてきました。

それが、とんでもない間違いでした!

まず、LDLコレステロールもHDLコレステロールもコレステロール自体ではない。←知らなかったー、本当に無知💦

LDLもHDLもただの運び屋さんです

LDLは肝臓で作られたコレステロールを各組織の細胞に運ぶ役目。

HDLは余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す役目です。

LDLが何故悪玉呼ばわりされるのかというと、酸化したり増えすぎちゃうと血管を傷つけたり、血管を塞いだりして動脈硬化の原因になるからです。

では少ない方がいいかというと、低すぎてもダメ、コレステロールを材料にして色々なものが作られるんですよ。

コレステロールから出来るものがたくさん

コレステロールから出来るもの

  • 胆汁酸 (脂質を乳化させて消化する)
  • コルチゾール (ストレス対抗、抗炎症作用)
  • 性刺激ホルモン
  • 細胞膜
  • ビタミンD  など

だから、コレステロールが少ないと、脂っこい物を消化するのに時間がかかったり、ストレスに弱くなったり、傷の治りが遅かったり、細胞膜が弱くなって病気にかかりやすくなったり、と色々な不具合が出てくるのです。勿論、脂質はエネルギー生産にも欠かせない栄養なので、低コレステロールはエネルギー不足ということになります。

コレステロール量の指標となるのが運搬係のLDLの量、LDLが2ケタだと、上記の症状が心配されます。原因は、食事の量が少なすぎる、タンパク質が足りていない、エネルギーの消費が激しすぎる。などです。

食事をちゃんと摂って、タンパク質も沢山食べているのに、LDLが低い人は、脂質の代謝が苦手な人。 食べても胃酸や胆汁酸が十分に出ていなくて、脂質の消化、吸収がうまくいっていないといった事が予測されるので、まずは胃の調子を整えましょう。

逆に、食が細かったり、お肉やお魚をあまり食べない人のLDLが高いと、これも不自然。代謝がどこかで滞って、LDLが材料に変換して利用されていないのかも知れません。

毎日のごはんをしっかりと

細身の女性でLDLが50とか60とかの人多いですよね。

朝ごはんをしっかり摂っていいなかったり、お昼も菓子パンとヨーグルトとサラダだけとか。。。

食欲なくてコーヒーだけとか😩

こういう食事を続けていると、エネルギー不足で、将来的には慢性疲労、低体温、低血糖、甲状腺機能低下、副腎疲労など、病気とは診断されなくても、不調が色々出てきます。

そして、症状が出てからリカバリーするのってとっても時間がかかります。

女子高生、女子大生、若いOLさん、LDLが2ケタだったらお食事を見直して欲しいなと思います。とはいえ、スタイルが気になる年頃は、栄養は2の次です。お母さんやお父さんが注意して見てあげてくださいね。

それから、閉経後の女性でコレステロール値が上がる人がいますが、これは性ホルモンの需要がなくなるから自然の事です。慌ててコレステロールを下げる薬を飲んじゃうと、代謝が悪くなって、太りやすくなったり不調が出てきたりするので、注意してくださいね。

以上、コレステロールについてでした。

今日もお付き合いありがとうございました。

関連記事

  1. よい睡眠のために摂りたいおすすめアイテム

  2. 中年太りしない栄養学(運動)

  3. 赤紫蘇は煮出すべし

  4. タンパク質はやっぱり大事

  5. 老化って結局は。。。。

  6. アウトプットを始めます

  7. 低い方がいい?中性脂肪

  8. 中年太りにならない栄養学(胃酸)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。