中年太りにならない栄養学(胃酸)

こんにちは。

中年だから、代謝落ちる、太るのが当たり前😩  なんて悲しすぎる。。。現在53歳ですが、確かに、以前と食事の量も内容も変わっていないのに、いや、お菓子減らしてるし、運動もある程度しているのに、、、なぜか、体脂肪が右上がり😭歳のせいって決めつけるのは簡単だけど、何でも理由や背景があるはず😔中年太りする、仕組みや背景を生化学と分子栄養学的な観点から探っていきたいと思います。テーマ別にUPしますので、どうぞお付き合いくださいね。

第1回目のテーマは「胃酸」です。   年齢と共に色んな働きが弱ってきますが、胃酸もその一つ。胃酸の分泌が少なくなることで消化力も落ちてきます。

胃酸とは

消化液に含まれます。

胃酸の成分は塩酸、塩化カリウム、塩化ナトリウム。塩酸が主な成分です。

ペーハーPH1.5-3.5という強酸です。胃酸で胃がやられないのは、胃粘膜の保護があるおかげ。

胃酸は、一日1.5~2リットル分泌されると言われていますが、年齢と共に分泌量は減り、40、50代では10代の頃の分泌量の半分以下になるという調査結果もあります。

胃酸の働き

  • 胃酸に含まれる塩酸が、ペプシノーゲン(タンパク質を分解する酵素)を活性化して、ペプシンという酵素に変えて、タンパク質を分解する。
  • 細菌を殺菌(病気や感染の予防)
  • ビタミン12などの吸収を促進させる

胃酸が足りないと

  • 3大栄養素、ビタミン、ミネラルの吸収不全 → エネルギーが十分に作られない、代謝悪化
  • 未消化の食べ物が腸のタイトジャンクションを広げて侵入 → アレルギーや病気の原因に
  • 腐敗した未消化物が悪玉細菌として腸内環境を悪化させる。→ 下痢、便秘、排毒不全

胃酸を作るのにも、食べたものを消化するのも、エネルギーが必要なので、栄養の吸収が悪いとエネルギー不足で代謝が悪化。

胃酸不足で消化がスムーズにいかない状態が続くと、中年太りを招くのが想像できますよね。

胃酸が出ているかを確認するには?

胃酸が出ているかどうかを知るには、血液検査だとペプシノーゲン1( PG1)とペプシノーゲン2(PG2)という項目があります。50−65の範囲だと胃酸がちょうどよく分泌していて、上だと胃酸過多で胃に炎症、下だと胃酸不足の可能性大です。

自分で確認する方法もありますよ。

●ビーツを加熱調理して、食べた後に、真っ赤な尿が出たら、胃酸不足。胃酸がちゃんと出ていると不思議なことに全く赤くならないんです。これは私もテスト済み。ビーツが大好きでよく食べるのですが、去年の夏まで真っ赤な尿でした。当たり前の反応なんだろうな、と思っていましたが、分子栄養学の栄養療法を実行している現在は透明です。

あとは、レモンを使う方法。

●レモン汁と水で酸っぱいレモン水を作って、食事中にちびちびと飲みます。食後3時間ぐらいして、すっきりしていたら胃酸が不足している証拠。むかむかするような不快感があれば、胃酸が足りているか多過ぎ。

胃酸不足対策に

  • よく噛む(唾液、消化液の分泌を促進)
  • 苦味のあるハーブを食膳に食べる(ガストリンという消化管ホルモンを刺激)… パクチー、パセリ、ミント、ショウガ、ミョウガなど
  • 酸味のあるものを食事に加える…レモン、梅干し、酢の物
  • 大根おろし、生野菜など酵素活性があるものを一緒に食べる

加齢により胃酸が少なくなるのは避けられないけど、毎日の食事で意識的に消化をサポートする習慣が、何年後かの中年太りをきっと予防してくれるはずです。

サプリを上手に利用

手っ取り早く、塩酸や消化酵素をサプリで消化をサポートするのも有効です。

塩酸ベタインは、胃酸に変わってペプシンの産生を促進してくれます。

消化酵素は色々あります、3大栄養素の酵素としてプロアテーゼ(タンパク質の分解酵素)、リパーゼ(脂質の分解酵素)、アミラーゼ(炭水化物の分解酵素)、また特定の成分を分解する酵素も沢山あって私も把握しきれませんが、色々探してみてくださいね。

私が現在使っているのは、2種類だけですがこれも毎食飲んでいるわけではないので、効果があるのかないのかはまだ体感してません。

塩酸ベタイン↓ タンパク質を沢山食べる時だけ飲んでます(食事中か食後すぐ、空腹時は×)

KAL, Betaine HCl+, 100 Tablets

KAL, Betaine HCl+, 100 Tablets

消化酵素はこれをパンやパスタを食べる前に飲んでます。DPP IV(ジペプチジルペプチダーゼIV)という穀物特有のタンパク質を分解する酵素が入ってます。(消化酵素は食前に飲みます)

Now Foods, グルテンダイジェスト、ベジタリアンカプセル60錠

Now Foods, グルテンダイジェスト、ベジタリアンカプセル60錠

胃酸過多も問題

胃酸不足の逆で胃酸が出すぎてしまう症状も大変で、肥満の人に多い傾向があります。

原因は、ストレスや睡眠不足によって緊張状態になることで、体を緩めようとして副交感神経が働き胃酸が出すぎてしまう、食べ過ぎ、刺激物の摂りすぎで胃酸の需要が高い状態が続く、ホルモンの乱れ、あとはピロリ菌が原因の事もあるようです。

胃酸過多も、胃もたれや胸やけで、脂っこいものを食べられなくなったり、脂質やタンパク質の消化に時間がかかったり、栄養の吸収や肥満においては胃酸不足と同じデメリットがあります。

病院では、胃酸抑制剤が処方されますが、胃酸抑制剤で胃酸不足になるという負のスパイラルもおきます。過剰に分泌した胃酸が食道に逆流する、逆流性食道炎になっちゃうと辛そうですから、胃酸過多にならないよう気を付けたいですね。

  • 消化酵素を足して、消化酵素の無駄遣いをしない
  • カフェインや辛い物などの刺激物は摂らないようにする
  • 食べ過ぎない

私の母は高齢なのに胃酸が過剰らしいのですが、胃の萎縮があるのではないかなと思ってます。緑茶を常飲しているのでそれはやめるように言ってみようかと思います。

梅干しは胃酸と同じPHです。

やーっと梅干し干せました。

今年の長梅雨はスーパー減塩梅干しにはキツかったです、涙

次の記事で詳しく書きますね!

関連記事

  1. よい睡眠のために摂りたいおすすめアイテム

  2. 低いほうが良い?ASTとALT

  3. タンパク質はやっぱり大事

  4. 中年太りしない栄養学(運動)

  5. 赤紫蘇は煮出すべし

  6. 低い方がいい?中性脂肪

  7. 低いほうが良い? LDLコレステロール

  8. 老化って結局は。。。。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。