中年太りしない栄養学(血糖)

こんにちは。

中年太りシリーズ、今日は血糖と肥満の関係についてです。
血糖と肥満は切っても切れない関係が。。。
血糖をコントロールできないと必ず、中年太りになります。
若いうちから血糖には気を付けましょう。

脂肪がつく仕組みはこんな感じです。

食事で糖質を摂る
   ↓
膵臓からインスリンが分泌
   ↓
インスリンの働きで、
①糖がエネルギーとして使われれる。
②糖が肝臓や筋肉に送られて貯蔵される(グリコーゲン)
③余った糖は脂肪として脂肪細胞へ送られる
   ↓
血糖が下がる



肥満を防ぐためには血糖値が急上昇しないような食事の内容と食べ方が必要

①よく噛んでゆっくり食べる
②低GI値の食事を選ぶ(白砂糖、精製度の高い物は避ける)
③食事と食事の間をあけすぎない
④タンパク質から食べる

良かったらインスタの記事を読んでみてくださいね。

https://www.instagram.com/p/CD7wJ1PhoA7/?utm_source=ig_web_copy_link

少し前まではベジファーストで野菜から食べると血糖値が上がらないという考えが主流でしたが、最近はたんぱく質を先に食べると血糖値の上昇を抑えられるという事がわかってきたようです。

これには、GLP‐1という消化管ホルモンが関わっているようです。


糖尿病59(1):30-32.2016より


炭水化物よりも先に動物性タンパク質を食べると、GLP−1というホルモンの働きにより胃の動きが鈍くなり、消化が遅くなる、そうすると次に食べた炭水化物の消化もゆっくりになり、血糖の上昇も緩やかになる。そんな感じでしょうか。

詳しくはこちらの論文をご覧になってくださいね。

食後血糖と栄養素摂取の順番

今週のお弁当。

私はいつもお弁当の直後に物凄い睡魔が襲ってくるので、食後高血糖ですね。

試しに後半はご飯を抜いてみましたが、やっぱり眠くなる。。。食べすぎですかね、笑😅

関連記事

  1. 毛髪ミネラル検査を受けました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。