よい睡眠のために摂りたいおすすめアイテム

よく眠れていますか?

寝つきが悪い
夜中に目が覚めてしまう
早くに起きてしまう

歯ぎしりをしている

もしこんな事が毎日のようにあったら、夜間に低血糖を起こしている可能性があります。

低血糖とは?

低血糖は文字通り、血中の糖の量が少なくなる状態です。
私たちの体は、常に一定に保とうとする力(恒常性)が備わっており、ホルモンの作用のお陰で心拍数、血圧、体温、血糖などが調整されています。

健康な人の場合、血糖は、食事をすると上がりますが、インスリンというホルモンが膵臓から分泌されて、糖が各組織に運ばれるので血糖が元の状態まで下がります。
空腹のときは、コルチゾールというホルモンのお陰で、肝臓や筋肉に貯めてあった糖(グリコーゲン)を使う事が出来るので血糖が極端に下がることを防ぐことができます。

ところが、このグリコーゲンが充分作られていなかったり、ストレスや運動で負荷が多かったり、飢餓状態が長すぎたりすると、血中の糖が枯渇してしまいます。糖というのは、体にとって一番のエネルギー源ですので、「糖がなくなる=生命の危機」 です。
血糖を上げなければならないので、脳からホルモンを沢山出せ!と命令がでます。


夜中は低血糖になりやすい

血圧や血糖を上げてやる気モードにしてくれるコルチゾールは朝方に一番分泌が多く、夕方から夜間は分泌が減ります。就寝中はコルチゾールの代わりに、成長ホルモンやアドレナリン、グルカゴンといったホルモンが血糖を上げてくれますが、考えてみてくださいね。夕飯を最後に朝ご飯まで、一体何時間、糖が入ってこないのでしょうか。夜間は、長い飢餓状態で、交感神経が優位になり、アドレナリンといって心拍や血圧を上昇させて体を興奮状態にさせるホルモンが分泌されます。
寝ている間に体は緊張し、筋肉が収縮するので、歯ぎしりや食いしばりがあったり、朝起きたら肩が凝っていたり、お腹の動きも悪くなるので食欲が出なかたり。。。。 眠りが浅くなったり覚醒してしまう原因も夜間の低血糖にある場合がとても多いのです。

低血糖を起こしやすいタイプ

✔ 食事の量が少ない
✔ 空腹時間が長い
✔ 筋肉が少ない
✔ 肝機能が悪い(脂肪肝や炎症)
✔ 甲状腺機能が低下している
✔ 糖質制限をしている
✔ 低コレステロール
✔ 低中性脂肪

寝る前の低血糖対策

低血糖とは細胞レベルではエネルギーが作られていないという事です。
寝る前にエネルギーになりやすい物を補充してみてください。お勧めを紹介します。

MCTオイル
MCTオイルは、中鎖脂肪酸で肝臓に届くのが早くエネルギーになりやすいです。注意点は空腹時の胃には刺激が強いのでお腹の調子を見ながら摂ってくださいね。

ハチミツや黒砂糖
個人的には血糖の維持は長くできないと思いますが、小さじ1杯で効く人もいますのでお試しくださいね。(マヌカハニーは抗菌作用があり、腸の善玉菌も殺菌してしまうのでオススメしません)

バナナ
腹持ちも良く糖質も多いので血糖維持には有効だと思います。
バナナにはトリプトファンという眠りを誘導するメラトニンというホルモンの材料となるたんぱく質も多く含まれるので寝る前に摂る果物としては優秀だと思います。

最後に

寝る前に甘いもの!?とギョッとされた人もいると思いますが、糖代謝に問題のない人が空腹時にこの位食べても太りませんからご安心を 🙂 

血糖を通して自分のエネルギー状態を意識してみると、睡眠だけでなく、色々な症状や不調に繋がってくることがわかります。

 



細胞レベルで「太らない、老け込まない、病気にならない心と体」を作りたい方のためのカウンセリングを始めました。
今月中のお申込みでお試し料金でお申込みいただけます。

12月 1枠
1月 2枠

受付中です。

オンラインでパワポを使い不調の原因や必要とされる栄養についてのアドバイスをわかりやすくさせていただきます。お申し込み&お問い合わせお待ちしております。お気軽にどうぞ!!!

カウンセリングのお知らせ

 

 

 

 

 

関連記事

  1. アウトプットを始めます

  2. 低いほうが良い? LDLコレステロール

  3. タンパク質はやっぱり大事

  4. 老化って結局は。。。。

  5. 低い方がいい?中性脂肪

  6. 中年太りしない栄養学(運動)

  7. 中年太りにならない栄養学(胃酸)

  8. 低いほうが良い?ASTとALT

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。