老化って結局は。。。。

こんにちは。

私は去年閉経してから、1年で2キロも体重が増えてしまいました。もともと代謝が悪い体だと感じていましたが、なんとか同じ体重を維持していて2キロの増減は大人になってから経験した事がありませんでした。
しかも、何をしても痩せない!!!筋トレ、有酸素運動、高たんぱく食、色々試しましたが今のところ全く効果ありません、笑

そして、体重の増加だけでなく、浮腫み、汗をかきにくい、など今まで経験してこなかった愁訴もあることに気づきました。
分子栄養学を勉強していて良かったと思うのは、こうした体の変化をただの老化だと納得してスルーするのではなく、何が原因でこの変化が起こったのかを自分で考えて、改善する道筋を見つけられる事です。
この代謝の低下原因、一言でいえば、「細胞の中でのエネルギーの生産能力が落ちた」に尽きます。
ありきたりの事のように聞こえるかもしれませんが、これが結構奥深いのです。
お世話になっているオーソモレキュラーアカデミーさんのブログコーナーでこの辺を仏教の縁起の教えに絡めて記事を書かせていただきました。

良かったらお読みくださいね。

甲状腺機能と仏教の教え

関連記事

  1. 低いほうが良い? LDLコレステロール

  2. 中年太りにならない栄養学(胃酸)

  3. 中年太りしない栄養学(運動)

  4. よい睡眠のために摂りたいおすすめアイテム

  5. 低い方がいい?中性脂肪

  6. タンパク質はやっぱり大事

  7. アウトプットを始めます

  8. 赤紫蘇は煮出すべし

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。